新着情報

【製作風景】いちまつ ICHIMASTU

商品2017.06.23

  1. 少しづつですが、製作風景、作品のコンセプトなどを紹介したいと思います。

まずは、今まさに製作中なこの柄です。

市松文様 ichimastu monyou

歌舞伎のお着物にも取り入れられている伝統文様。

下のものはカラフルですが、こちらも市松文様。なんだか馴染みのある柄ではありませんか?

 

 

これを螺鈿の技術で表現すると?

螺鈿になるだけで、イラストとはまた雰囲気が変わります。

私は第1弾として「ばら」をモチーフの作品を製作しましたが、今回は伝統文様。

でも、、、これってチェック柄にも見える!!!と感じたのです。

思えば、

秋になるとチェック柄のスカートをよく着ていたなぁと思い、

大人になった今はジュエリーでチェックをプラスできたらなぁと。

 

伝統文様だけど、とてもなじみのある柄なので、普段のお洋服にもお着物にも、

合わせやすい柄になっていると思います!

 

という事でこちら、いちまつは「秋の新作」として製作しています。

 

現在は、裏側の漆を塗って乾かしているとこです。(上塗りといいます)

また完成したらお知らせしますね。

 

【最後に製作風景を。】2か月前くらい

漆をのりの様にし、貝をひとつひとつ貼っていきます。四角の器物は6ミリです!!!

螺鈿職人 のむらまり