新着情報

【受賞】伝統工芸士会長賞を受賞しました

新着2019.01.25

3代目/伝統工芸士の野村守が、「第21回日本伝統工芸士会」で、「作品/独楽文様中棗」が「会長賞」を受賞いたしました。
214の作品の中からの受賞となり、大変うれしく思っております。

<写真;製作風景>
本業であるお茶道具・棗(なつめ)での受賞となりました。
漆の工程から加飾の工程までを手掛けた逸品です。
その他受賞の作品などはこちらのサイトからご覧ください。

第21回日本伝統工芸士会作品展入賞作品

受賞作品/独楽文様中棗 展示場所============
・嵯峩螺鈿・野村(2019年1月23日現在) 展示・購入可能(京都/嵐山)
・東武百貨店池袋店 展示・購入可能(期間:3月7日~12日)(東京/池袋)

野村守============
1958年京都府生まれ。20歳で家業の仕事へ。工業試験所で漆の技術を学び、塗から加飾(螺鈿・蒔絵)全ての工程を一人で行う
2001年「伝統工芸士」認定。
2015年「本物を必要としている方へ」とブランド「MAMORI」を立ち上げ、これをきっかけに企業コラボも手掛ける。
2017年「未来の名匠」認定。